好きなファッションリアリティバトル番組

タイトルは適当ですw


前のブログから9ヶ月も放置してました。

フィギュアスケートとか衣装に関する記事でも書こうかしらと思ったのだけど、イマイチ気分が乗らないのと、衣装についてはツイッターとインスタで十分だしじゃあこのブログは一体何のためにw

って言うのを友達に話したら


「誰もお前に興味ないから好きなもん書いたら?」


という有難いお言葉をいただきました。

そんなわけでここのブログはフィギュアの衣装に関係なく好きなもん書いていこうと思います。



先日Twitterの方にソーイング・ビーのことを書いたのだけど、それこそこっちに載せれば良かった。と言う訳で改めてちゃんと書きます。



ソーイング・ビー

  • S1〜S2はアマプラとhuluで視聴可能

  • 現在NHK Eテレでシーズン4放送中(ソーイング・ビー2/シーズン2というややこしいタイトル)



現在NHK Eテレで放送されていて話題沸騰中のソーイング・ビー。

私はアマプラでS2まで見ました(以降の配信も頼む…!)


この番組の好きなところは、参加者が趣味で縫製をやっている方達なのと、あくまでも「縫製」の技術を競い合うところ。

老若男女問わず縫製好きな方集まれ〜!!な感じが見ていてほっこりする。

お題もシャツやスカートなどの一般的な形から始まるんだけど、後半戦はイブニングドレスとかシルクの素材を使用したり難易度が上がっていきます。

ちなみに私も縫製は苦手なので苦戦している参加者の気持ちがよくわかります…。


おい!!シルクはやめてくれ!!!!


使用しているミシンも家庭用で、親近感がわきます。縫製やってみよっかな★って思うよね。

個人的にはS2が好きです。参加者が個性的で面白いw

全体的にアットホームで参加者の皆が仲が良いので敗退者出るたびに泣く。


縫製わからんって人にもとても面白い番組です!何よりNHKで見れるのが良いよね。

私はテレビを見ない人間なのでオンデマンドで配信されるのを待ちます。




メイキング・ザ・カット


元祖ファッションバトルの「Project Runway」でお馴染みのハイディとティムがホストのアマプラオリジナル制作です。


「ソーイング・ビー」とは打って変わって、こちらの参加者は既にブランドを立ち上げているデザイナーや服飾講師など。優勝者にはAmazon支援+100万ドル!!(1億ってマジかよ〜)

そんな訳で課題もなかなか過酷です。


・必ず「実用的なスタイル」と「ランウェイスタイル」の2着を製作する

よくありますよね…パリコレとか見て


「こんな服誰が着んねん!!」


ってお洋服。コレクションラインはデザイナーの好き放題を発表する場なので着れるとか着れないとか野暮なこと考えちゃあいけませんよ。

そのためにプレタポルテ(既成服)があるのです。美味しそうだけどお菓子の名前じゃない。

デザイナーがランウェイスタイルをいかに実用的な服(売れる服)に落とし込めるかも審査対象ってことですな。

アート思考のデザイナーが実用的なデザインに反発したりwランウェイスタイルが普通のデザイナーもいたり…それぞれのデザイナーさんの個性が感じられます。


・縫製士がいる!

こういった番組で縫製士がいるのは珍しいのではないでしょうか。「デザインに集中して欲しいから縫製士を用意したよ!」って事みたいです。

でも仕様書はちゃんと書かないといけない(当たり前か)

といってもパターンは自分で引くし、縫製士がいても間に合わないので途中まで製作を進めている方が殆どでした。

「パターンも縫製も苦手💦」

とか言ってるデザイナーさんばっかだけど普通にうめぇ。


ちなみに私も普段はパターンと縫製は外注さんにお願いしてます。


・審査員へのプレゼン

「あなたはここで脱落なのよね…でも、脱落したくないなら私たち審査員を感心させて!あなたがここに残る理由を教えてちょうだい!!」


とても海外っぽい。


脱落候補者はそりゃ必死さね!!なんせ100万ドルがかかってるんだから!!


見てて心臓がキュッてなる。デザイナーさん見るからにライフポイント1しか残ってないやん。


審査員といえばナオミ・キャンベルが最後まで参加してくれてるんですけど、めっちゃ良いんですよ。

忖度なくはっきり言うから凄い辛口なんだけど、誰よりもデザイナー想いなのが伝わって…

涙を流したりね…情熱的な方で素敵だ。


それと中盤は舞台が日本になります。

NIPPORI〜〜〜〜!!!!!TOMATO〜〜〜〜〜!!!!


個人的にメイキング・ザ・カットは好きですしオススメです。

「デザイナーってどんな職業だろう?」って思っている人にも良いと思います。

絵を描いたり、デザインを考えるだけが仕事じゃないのがこの番組を通して解ると思います。


優勝者も個人的には納得です(だってAmazonが支援だし…)

でも私が億万長者なら3位の人を支援するかなw


素敵なデザイナーさんが多いので、応援したくなるよ!



ネクスト・イン・ファション


こちらはネトフリオリジナルになります。クィア・アイのタンとアレクサ・チャンがホストです。

「メイキング〜」と同じように既にブランドを持っている参加者が多いです。

一言申し上げたい。


知らない人と初っ端からペアとか地獄か!?


自分が参加者だったら絶対嫌ですわーーーー。

お互いのテイストも知らない上にペア同士で脱落なのはちょっと酷い。

実際、見ていて実力を出せていないデザイナーさんいたしそこだけちょっと気になりました。


それ以外は本当に良く出来ていて、デザイナーさんが魅力的な方ばかりだし見ていてモチベーションが上がりました。

製作中のシーンも多めに流してくれるのと、デザイナーさんの内面やルーツを掘り下げて見せてくれるので、あーだからこういった作品が出来るんだなぁと感動しました。

普段我々は完成された物しか見ないので、こうやって道のりを見れるのは嬉しいです。

しかしアントワープとセントマ強いな^^





メイク・アップスター(GLOW UP)




  • ネトフリでシーズン2まで配信されています。


ファッションじゃなくてメイクです。すっごい面白いし感動します。


上記ご紹介した番組のようにバトル形式で毎回敗退者がでます。

奇抜なメイク〜ナチュラルなメイクまでほーーんと芸術的なメイクが沢山見れます。

審査員が個性強めなのもいいw Dindon!!

敗者決定戦は手に汗握るよ。5分間で指定されたメイクを仕上げるとかなんだけど、やたら強い人とか出てくるw

参加者も仲が良くて、悪口がないのも見ていて気持ちが良い。


あとやっぱ泣く。


S1、2ともに納得の優勝者ではないでしょうか。

こちら本当にオススメです。


あとはファッションじゃないけど「ビッグ・フラワー・ファイト」とかも(ネトフリ)

ガーデニングで糞でかい造形物作ったりする。



そんなわけで好き放題感想を書きましたー

駄文失礼



  • Twitterの社会のアイコン
  • Black Instagram Icon

© 2023 by Satomi Ito. Proudly created with Wix.com